ルイヴィトンマフラーコピー通販_エシャルプロゴマニア定価|ルイヴィトンマフラーコピーの十大ブランド_ルイヴィトンマフラーコピー専門店 HQBC


2015-02-24 15:42    ルイヴィトンマフラーコピー
 そのショットのなめらかな英語に、トレンが勢いづいて、 「それだ! それが分らないんだよ。私は、バイストンとか言うところに、来た覚えなんかないんだ。私は、事故に遭《あ》ったんだ。それで、車の中で身体が跳《は》ねて、気がついたらこんな中世の兵隊たちに囲まれてっ!」  トレン・アスベアは、英語でののしった。 「もう少し、分るように説明して、下さいませんか?」  マーベルが、ショットの前に立った。 「説明は、時間がかかります。あなたは、ここで気が付く前は、どこにいらっしゃったのか?」 「私は、友人の家のパーティでふざけていて、プールの飛びこみ台から、この恰好《かっこう》で飛び込んだ途端《とたん》、ここだったんです。どういうことなんです?」 「……そりゃ、驚《おどろ》かれたことでしょうな?」  ショットは、鷹揚《おうよう》に頷《うなず》いてみせたが、トレンは、ますます腹を立てたようだ。 「おい! 事情を分らせてくれと、頼《たの》んでいるんだぜ」 「私は、ショット・ウェポン。彼は、日本人のジョク・タケシだ。説明は、あす以後にしよう」 「よろしく。ショットの言う通りだ。今夜は、何も聞かずに、休んだほうがいい」  ジョクはトレンに手を差し出した。 「そりゃ、一方的なんじゃないのか?」 「そうかな? 我々だって、君たちを招待した訳ではない。が、ここの国の人たち以外にも、アメリカ人と日本人がいることが分れば、安心するのじゃないかと思って、会いに来てやったんだ」  ジョクは、トレンにピシャリと言いながら、差し出されたマーベルの手を握《にぎ》った。 「……分りますよ。混乱しているのは」 「あなたも、いきなり?」